2015年03月01日00時14分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=201503010014080

コラム

Charlie Hebdo 誌 練達の漫画家4人を失った損失

  漫画新聞の価値はどこにあるのか?言うまでもなく、漫画家にある。Charlie Hebdoはイスラム原理主義者の襲撃によって一瞬にして最高レベルの4人の人気漫画家を失うことになった。もし、仮にも経営というもの知っている人間であればその損失の大きさが理解できよう。 
 
  たとえば殺された漫画家のカビュ(Cabu)はCharlie Hebdoに寄稿していただけではない。週一回、水曜に発行される新聞のカナール・アンシェネ(Canard Enchaine)でも漫画を描いていた。むしろ、フランス人にとってはこちらの方がよほど大きな存在感だったし、また喪失感だったはずだ。カナール・アンシェネは「アラブの眼」も言及しているように、フランスにあって独立媒体として容赦ない政府批判を繰り広げてきた最もジャーナリズム精神にあふれる新聞である。パリにはルモンドもフィガロも買わないが、毎週水曜になると、カナール・アンシェネを買いに新聞スタンドにやってくる、という市民が多数存在するのである。 
 
  カナール・アンシェネは十数人の少数精鋭主義で政府の汚職などを報じてきたが、写真はゼロ。すべて風刺漫画を使っている。数人の風刺漫画家がカナール・アンシェネに寄稿しているが最も多数を描いていたのがカビュだった。だから、テロ被害にあったのはCharlie Hebdoだけではない。カナール・アンシェネもまた衝撃を受けていた。 
 
  こうしたスターの漫画家たちを失って得をする人間など、テロリストをのぞいていはしない。人の死を何だと思っているのか。一時的な話題や同情や怒りで購買数が一時的に跳ね上がったとしても、新聞や雑誌の経営はそんな楽なものではない。スター漫画家4人を失ったら、空洞化した媒体になってしまったはずである。襲撃後の一時的な特売を終え、すでに発行部数は下がっている。当たり前のことだ。 
 
  今後は今までのように自由に風刺漫画を描くことなどできるはずもない。襲撃の翌週こそ蛮勇をふるって預言者の像を掲載したが、イスラム教原理主義者はデンマークの襲撃でもわかるように、暴力で言論を封じる闘いに出ているのだ。 
 
  「アラブの眼」は以前、この媒体が1月7日のテロの1か月前にロスチャイルドによって買収されていたとする話をアメリカのウェブサイト「ワタン」の引用で書き、その情報の誤りを筆者が指摘すると、今度はロスチャイルドは襲撃の後に買収した、と書いた。いったいどちらの情報が正しい、とアラブの眼は考えているのだろうか。どちらかが誤った情報なのであれば訂正すべきではないのか。 
 
  もし襲撃前にロスチャイルドが買収したのでなければ買収前後の企業価値の差額を得ることはできない理屈になる。このあたり、「アラブの眼」の論理はどうなっているのだろうか。 
 
  「アラブの眼」はロスチャイルドが襲撃前にCharlie Hebdoを買収して、その後、襲撃が起こり、巨額の利益を得たと言う点で、2001年の9・11同時多発テロに似ているという見方を書いていたが、それらの事実の裏付けがあるのか、という筆者の疑問に対しては未だに何一つ、事実を提示することができないままだ。 
 
  「アラブの眼」はワタンの情報を引用する形で、ヨルダン王女がクルド軍がイスラム国兵士を複数焼殺した、とフェースブックに書き込んだという記事を本紙に書いた。その記事のクリック数は6万件以上に上った。しかも、有料記事の設定になっているから、見出しのクルド軍がイスラム国兵士を報復で焼殺した、という情報だけが2チャンネルなどで「速報」として一気に広まっていった。その情報が誤りだった、と伝える記事を「アラブの眼」は後に書いたが、そのクリック数は1000にも満たない。つまり、59000クリック以上の読者がクルド軍が焼殺した、という情報に接したままである、と推定できるのである。「アラブの眼」の原稿を担当している本紙編集者にもぜひ、重要な事実関係の検証はお願いしたい。 
 
*検証事項 
 
  Charlie Hebdoをロスチャイルドは本当に買収したのか。したとしたらいつのことか。 
 
  Charlie Hebdoの事務所に襲撃後、クアシ兄弟の身分証が残されていたとの警察発表が本当にあったのか。あったとしたらいつのことで情報の出所は? 
 
  2001年の9・11同時多発テロでモハメド・アッタの身分証がワールド・トレードセンタービルの崩れ落ちた跡地に落ちていたと米警察が本当に発表したのか。したとしたらその日時と情報の出所は? 
 
  あるいは事実などは「アラブの眼」にはどうでもよいのか。 
 
 
■風刺漫画のチャーリー誌(Charlie Hebdo)を大富豪のロスチャイルドが買ったという情報の真偽について 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201502160106131 
 
■アメリカのアラビア語サイト「ワタン」 本紙に掲載されたクルド軍による「イスラム国」捕虜焼殺情報の真偽は? 
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201502062332015 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。