2020年11月13日09時45分掲載  無料記事
http://www.nikkanberita.com/print.cgi?id=202011130945015

橋本勝の21世紀風刺絵日記

353回 国よ大きくなれ、民はもっともっと小さくなれ

大きな国の字の上に地球があり、その上に菅首相がいまして、 
その左手には沢山の兵器がのっている。 
そして、右手の上には小さな民の字が山のように重なってのっている。 
菅政権の実態があり、政治の本質、国家とは何かがズバリ表現されている。 
多くの兵器が国を守るために必要とされ、民は実に小さな存在でしかない、 
しかも首相がのる地球は国の上にある。国は地球より大きいのである。 
国家こそが大切で、民はまったく小さな存在でしかない。 
国家の方向性により、国民の運命、その生と死が決められる。 
国にたいしては、民はなんと弱きものであることか。 


Copyright (C) Berita unless otherwise noted.
  • 日刊ベリタに掲載された記事を転載される場合は、有料・無料を問わず、編集部にご連絡ください。ただし、見出しとリード文につきましてはその限りでありません。
  • 印刷媒体向けの記事配信も行っておりますので、記事を利用したい場合は事務局までご連絡下さい。